カラコンが向いていない場合もある

カラコンが向いていない場合もある

カラコンをしている人が増えている今、そのカラコンを試してみたいと思う人ももちろん増えています。目がもっと大きく見せれれば、もっと目の色が変えられれば・・なんて変身願望があると思います。とはいえ、誰でもつけられるわけではありません。ファッション性の高いものではありますが、実際に洋服を着るように誰でも使えるものではないのです。

向いていない人としては、まずドライアイの人です。目が乾いてしまいやすい人にとって、カラコンは余計に目を乾きやすくしてしまいます。通常の人でも乾きやすくなるので、ドライアイの人にとってはちょっと厳しいと思います。潤いがないと、カラコンが目に当たりやすくなり傷もつきやすくなります。

続いて、強い視力矯正が必要な人です。カラコンは本来、それほど強い視力矯正の機能を持ち合わせていません。あくまでファッション的な感覚が強いのです。そのため、あまりの矯正が必要な人の度数は作っていない場合があります。

その他には、目に病気がある人やアレルギーの人も装着ができません。コンタクトをつけることで病気が悪化する可能性もありますし、アレルギー症状が出るということがあります。

断念しなくてはならないのは悲しいですが、自分の目を守るためには無理をしないようにしてください。少しで装着していいのか不安ならば眼科医に相談してみましょう。自己判断が一番危険です。

    Copyright(C) まだまだ知らないカラコンの事。 All Rights Reserved.